ヤフーカード(Yahoo! JAPANカード)のメリット・デメリット

MENU

ヤフーカードで審査が落ちる原因

ヤフーカードを申請した場合、ヤフーが指定した審査を受ける必要があります。

 

申請した結果全ての人が審査に通過するわけではなく条件を満たさなかった場合、ヤフーカードの発行が見送られる場合があります。
一番多い原因ですが、信用情報登録機関に記載されている信用情報の中に遅延や延滞などの支払いに関するネガティヴな情報がある事です。

 

遅延や延滞などの情報がない場合でも、クレジットカードや銀行カードローンの連続申し込みがある場合でも同様です。

 

このような情報があると申請時にお金に困っており、ヤフーカードを発行すると未払いが発生すると判断して、カードの発行を拒否します。

 

逆に何も信用情報がないと俗に言うスーパーホワイトの状態で、過去に遅延や延滞を繰り返していたと判断され、その場合でもヤフーはカードの発行を拒否します。

 

このように遅延や延滞があるのが審査に落ちる一番多い原因です。

 

しかし信用情報登録機関の信用情報だけが全てではありません。

 

勤務先の情報も大切な情報になります。

 

クレジットカード会社は職場の安定性もかなり重要視しています。

 

万が一勤務先が倒産すると支払いができなくなるからです。

 

一番安定していると判断されるのは厚生労働省などの公務員です。

 

遅延や延滞などがない限りは公務員の場合審査落ちすることははほとんどありません。

 

次に東証一部上場企業などもクレジットカード会社の信頼は高いです。

 

まず倒産の可能性は低いと判断するからです。

 

逆に自営業やプロスポーツ選手などはかなり有名でない限り、審査落ちする可能性が高くなります。

 

ヤフーカードとしては自営業やプロスポーツ選手は収入が安定していないと判断する場合が多いです。

 

そのような職業の人がヤフーカードを発行してもらうには、クレジットカード会社の指示がなくても行政機関が発行する税金の証明書を提出する必要があります。

 

税金の証明書には過去の納税した証明になるので、安定した収入があると判断します。

 

そのためカードが発行される可能性が高くなります。

 

最後に職場への在籍確認が取れない場合でもカードの発行が見送られる可能性が非常に高くなります。

 

在籍確認が取れない場合には働いていないと判断されるだけでなく、申請書に嘘の記載をしているとカード会社は判断するからです。

 

そのためカード会社の在籍確認はきちんと受ける必要があります。

 

こちらのカードが発行されない原因には主にこのような事があります。